イケアの特徴とはなにか

イケアはスウェーデン発祥の世界最大の家具量販店であり、ヨーロッパや北米、アジア、オセアニアなど世界各地に出店しています。

日本でも千葉県船橋市のトーキョーベイをはじめとして現在10店舗開業しており、最近では東海初出店として長久手店がオープンしました。安い価格、おしゃれなデザイン、アフターサービス面の良さなどがお客様から評価されています。イケアの店内は一般的な日本の家具屋とは異なり、ただ家具が置いてあるお店ではありません。

収納やテーブル、小物などが置いてある商品別のエリアはもちろんのこと、イケアの商品を使ったテーマが異なるモデルルームが数多く存在します。実寸の部屋をつくり、その中にあらゆる家具を配置します。一般的なフローリングの洋室だけでなく、北欧の家具であるけれども日本の象徴ともいえる畳の部屋にも合うように家具を設置し、お客様の購入意識を高めるような工夫がされています。

また、イケアの特徴として組み立て家具の倉庫が存在します。販売されている家具は出来上がった家具ではなくその材料が売られています。そのため、家具は自分で組み立てなければなりません。しかし簡単に組み立てられるものばかりなので、組み立てるといってもそれほど大変ではないです。さらにイケアにはレストランやカフェが併設されており、休憩や食事ができるスペースがあります。

伝統的なスウェーデン料理が食べることができたり、軽食をとったりコーヒーを飲むこともできます。そして「スモーランド」と呼ばれる託児施設が設備されています。スウェーデンの森をイメージしたプレイルームで一時的に子供を預けておくことができるため、大人がゆっくり買い物をすることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *