イケアは人件費を抑えて製品を安くしている

イケアは世界で最も大規模なインテリア販売店ですが家具やインテリアについてはデザイン性を追求していますが値段については安さを追求しています。

ですので販売スタッフの人員を極力少なく抑えることによって人件費を削減しているのです。売り場に販売スタッフをあまり配置しない代わりに実際の店舗をショールームの様な形で製品を展示することによってお客様が自らショールームで見て気に入った製品を型番を手がかりに倉庫からピックアップしてレジまでカートで運んで会計をする形になっています。

そしてイケアの店内はとても特徴的でエントリーから出口までが通路1本で繋がっていますが、その通路の脇にはリビングルームやキッチン、ベッドルームなど一般的な住まいにある種類別の部屋をショールームという形で製品を展示することによって具体的にイケアの製品を利用するイメージをお客様に持ってもらうことが可能になる訳です。

単品で雑貨やインテリアだけを展示してしまうと自分の部屋に置いたときのイメージが思い浮かべにくいのですがショールーム形式で展示することによって、とてもイメージしやすくなるというのがお客様にとってのメリットとなります。

イケアは家族連れで来店しやすい様にカフェやレストラン、託児スペースなどが一緒に設置されています。ですのでどんな性別や年代の人が来店しても1日中飽きることなく楽しむことができるのです。ネット通販ショップも開設されて前もってインターネットを利用して欲しい製品を確認することも可能ですしイケアの店舗が近くにない人も利用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です