イケアの家具を使った模様替えを前に注意すべき事

イケアの家具を上手に選んで模様替えをすると、見た目が綺麗なだけでなく機能的で使いやすい部屋になります。

しかし、部屋は模様替えをした直後から、少しずつ散らかっていく存在です。

見た目と機能性を両立した部屋作りに加えて、掃除が簡単で長く使い続けやすいという利便性を加えると、綺麗な部屋を保ちやすくなるでしょう。

利便性を意識した模様替えをする際は、掃除のしやすさという観点で家具を選ぶ事が大切です。

例えば、キャビネットは床と密着している物の方が床にゴミやホコリが溜まりにくくなります。

足のついたキャビネットの場合は、掃除道具の相性が大切です。掃除機を床に潜り込ませない物や、ワイパーや箒を差し込みにくい物は避けた方が無難です。家具の表面の状態もよく確認して、部屋の中に配置した時に毛羽立った部分が露出しない事が大切です。汚れが目立つと掃除をする際に雑巾等が引っかかりやすく、ゴミも取りにくいので注意しましょう。

布製のボックスも使う内に表面が毛羽立つ事があるので、使用頻度や使用環境を考えて選択する事が大切です。

室内に観葉植物を置く場合は、配置場所が大切になります。窓際に観葉植物を置くのは見栄えが良く綺麗なものですが、強い風が吹くと土が飛んで室内が砂っぽくなってしまう事があるので注意しましょう。換気の際に風が強く吹き込む場所を避けて上手に配置する事が大切です。掃除という観点から抜け落ちがちなのが、整理整頓です。

イケアのボックスには仕切りが付いた物もありますから、洗濯後の衣類を簡単に分別できます。見た目もすっきりして、使いやすい収納として選べるでしょう。イケアの家具はいずれも無駄な装飾を省いていて、掃除の簡単な物が多くあります。掃除用具との相性や配置の工夫を考慮して模様替えをするのなら、見た目と機能性を両立しつつ利便性も高い部屋を作れるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です