イケアは子供のことを大切にする企業です

日本でも人気のあるイケアは、北欧スウェーデン発祥の家具ブランドです。

同じ家具ブランドとして無印良品やニトリとの比較をされることが多いですが、他社と製品内容を比べた時に明らかに違うのは、子供向け商品のラインナップの豊かさです。

イケアは「より快適な毎日を、より多くの方々に」というコンセプトを掲げていますが、その中において子供の存在を大切に考え、子供を育む家という場所を特別なものとして捉えています。

それは発祥地であるスウェーデンの文化に由来しており、スウェーデンでは子供の自由な発想と権利をとても大切にしているからです。イケアではこの考えを基に子供向けの家具も豊富に取り揃え、子供が自分達の意志で自分達の使う物を選択できるように工夫しています。

日本では、それぞれの家庭の住宅環境により制約されることも多いかも知れませんが、許される範囲で子供の創造力を育みたいものです。

またイケアは「ソフトトイお絵かきコンテスト」を開催し、世界中の子供達に向けて自由な発想でソフトトイのデザインを募りました。そこで選ばれたデザインは本物のソフトトイになり、「サゴスカット」と名づけられ限定コレクションになりました。これは単なる子供達を楽しませるだけのイベントにとどまらず、世界中のサゴスカットの売上は全て寄付され、全世界に存在する恵まれない子供達が持つ心身ともに健やかに成長する権利の為に使われているのです。

このようにイケアを知るほどに、取扱っているものは家具や雑貨だけでなくその理念であると気づかされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です